マカが効果絶大|妊娠しやすい体質になれる

カウンセリング

妊娠に必要な精子の存在

婦人科に受診すると便利

女性

少子化になっている日本ですが、出産したくても、不妊症で出産できないケースも存在しています。そうしたなかで需要が増加しているのが、不妊治療を婦人科で受けることです。不妊治療においては、妊娠できる状況にあるかについて、確認することから開始します。その際に基本になるのは、実際に妊娠することになる女性の身体の状況です。しかし妊娠するためには、女性の身体ばかりではなくて、男性に精子が存在しているかも重要です。そこで最近は男性に対して、精液検査を行うことが人気になっています。精液検査については、泌尿器科でも行われていますが、婦人科なら女性と一緒に検査が可能です。したがって精液検査は、婦人科に受診すると便利です。

無精子症でも受精可能

婦人科で行われる精液検査では、複数の項目について調べます。そのうち特に重視するのは、造精機能障害の有無です。精液検査で造精機能障害の有無を調べると、精子を造り出す機能がどれくらいあるかが判明します。まず重度とされるのが、精液中に精子が全く存在していない無精子症です。無精子症の状態では、どれほど性行為を行っても、妊娠することはありません。ただし無精子症であっても、精巣などには精子が存在していることもあり得ることです。そうしたケースにおいては、精巣などから直接精子を取り出します。しかし無精子症で取り出せる精子は、あまり数が多くありません。ところが顕微鏡受精であれば、少ない精子であっても、受精させることが可能です。こうしたことが可能ですから、精液検査を婦人科で行うことは大切です。

Copyright © 2015 マカが効果絶大|妊娠しやすい体質になれる All Rights Reserved.