二人目出産後からの勃起不全

私には子供が二人います。下の子供は4歳です。それまでの夫との夫婦生活は決して頻度が高い方ではありませんでした。むしろ結婚前から二人とも淡白な方だったので、月に一回性行為をするかしないか程度でした。しかしそれでもお互いに全く支障がなかったのです。一人目の子供の妊活の時には、生理は規則的にありましたし、排卵日も基礎体温計から予測をすることが出来たので、妊活を始めてからすぐに妊娠をすることが出来ました。その当時は全く勃起不全はなかったので、排卵日のタイミングで性行為をすることは簡単だったのです。

二人目からのが問題でした

GiselaFotografie / Pixabay

しかし少し問題となったのは、二人目の妊活の際です。一人目の妊娠出産を終えてから、私は初めての育児にかかりきりとなりました。そして夫はというと、私の育児を横目で見る生活。決して手を出さないわけではないのですが、どこで自分が手伝ったらいいのか分からない様子。そんな様子を見つつも、何もやってくれないので夫は使えないと思ったり、私の方が何をしても結局早いから、その方がいいと全部やってしまって結局自分が疲れたり…と言うことを繰り返した結果、夫との関係がすこし悪くなり、結局それが夫婦生活に直結しました。
しかし上の子が幼稚園に入ると少し気分的に余裕が出来て、それからまた夫婦の会話がすこし戻ってきたのです。それから第2子のことを考えはじめ、また夫婦生活が以前のように戻ったのですね。二人目が欲しいと思ったけれど、この時にはすぐに妊娠することが出来ず、不妊治療にも通いました。この時は、夫との性行為を楽しみのためにするというのではなく、本当に子供を作るためだけに行う性行為でした。この時には夫もまだ30代前半。そしてまだまだ活力も体力もあったので、勃起不全には至りませんでした。
そんな中私は無事に第2子を妊娠し、出産したのです。出産当時は、私は38歳、夫は36歳でした。
またわたしは育児に明け暮れる日々。毎日が疲労困憊でしたが、もう赤ちゃんはこれが最後だと思って全力投球。もう可愛くて可愛くてたまらないほど。そんな中夫はもう蚊帳の外で、私の目に入らなくなってしまったのです。
そんな夫からも言われたことがあります。もう女としては見れないなと。妊娠後、私たちの関係は、男女というよりも、家族という形への変化が大きかったですね。元々淡白だった私たちの関係は、更に淡白になりました。そして第2子妊娠前は月に一回性行為を行っていましたが、妊娠してからはそれが一切なくなりました。そして出産後はというと、試したのは1回のみ。でもその一回が勃起不全で出来なかったのです。
夫は理系で物事を筋道立てて考えるのが好きな人。そのためその勃起不全の理由を考えていました。その理由は、一つにもう女として見れないこと。毎日の寝不足で精力がないこと。やはり年齢的に勃起不全になることが不思議ではないこと。この3つでした。
これをしっかり分析すると、もうできないだろうなあと・・と夫は一言。またこれを改善する気力もないということで、もう私たちの夫婦には性行為がなくなるということを悟りました。それからはお互いに気まずい雰囲気を作ることなく過ごすことが出来ています。

 

TawnyNina / Pixabay

子供は既に4歳。その間、夫は外で勃起することがあるのか?全く分かりません。ただそのような印象を受けたこともありません。また朝立ちというのも見たことはないですね。
勃起不全は、男性にとってショックなことかもしれません。バイアグラの成分でも試してみるの良いのでは?と思ったりもします。しかしながら私たちの夫婦にとってはショックな出来事ではありませんでした。むしろ現実がわかった分安心したことでした。そしてこれからは男女としての関係ではなく、家族としてのかかわりで生活していくという新たな決意がわいて出た出来事でした。
夫婦の中の性の問題や勃起不全ということはなかなか人前で言えることではありません。ほかの夫婦がどのような夫婦生活を送っているかは気になるところではありますが、今の勃起不全が原因で、夫婦生活がなくなってしまった私たちの夫婦生活も、一つの形としてありなのではないかと思います。
これから先の長い人生を共にする夫とは、勃起不全ということをあまり意識しないようにしながら、精神的な結びつきを大切にして生活をしていくことが重要だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です